新宿中国語教室の楽学堂は新宿駅から徒歩1分。

topQA.gif
新宿のマンツーマン中国語教室「楽学堂」

中国も黄金周(ゴールデンウィーク)!!

2014年5月 2日(金曜日)
中国にもゴールデンウィークがあります!今年は5月1日~3日まで、この間はどこ行っても混雑します!
上海の観光で有名な豫園にやってきました。豫園と豫園商城を合わせたこの場所は外灘と並ぶ上海2大観光スポットの一つです。上海に来た観光客はほぼ必ず訪れる場所となっていて、周辺は毎日のように中国各地からやってきた観光客でごった返し、特に週末の日曜日の午後などは真っ直ぐに歩けない程の人混みとなります。豫園は、いつでも観光客でいっぱいです!豫園といえば、豫園商城の各お土産物屋での買い物や小吃店で中国ならではの点心をつまみ歩くのも楽しいです!!でもやはり小龍包ですよね?豫園の中にある南翔饅頭店の小龍包はとてもおいしいのでお勧めです!!
 
2014-03-28 11.24.45.jpg2014-03-28 11.24.22.jpg2014-03-28 11.23.16.jpg
豫園は、いつも人がいっぱいです!!
買い物や食べるのに夢中になりがち・・お財布や携帯電話などの盗難には十分気をつけましょう!!
2014-03-28 11.51.00.jpg2014-03-28 11.34.20.jpg
小龍包を食べて、中国茶やおしゃれな星巴克咖啡(スターバックス)でコーヒーを楽しむのもいいですよ!

豫園の歴史
豫園の「豫」は「愉」に通じ、すなわち「楽しい園」という意味です。上海人の潘允瑞という四川布政使(四川省長)を務めた役人がかつて刑部尚書(法務大臣)であった父親、潘恩への孝行のために建設した個人の庭園である。1559年に建設が開始され18年後に完成したがその時はすでに父親は亡くなっていたと言われます。清代初めに潘家の衰退とともに一時荒廃するが、1760年に上海の有力者達が再建に乗り出し、豫園は隣接する城隍廟の廟園となり西園と改称されました。当時の西園には湖心亭や豫園商城の大部分が含まれ、現在の2倍の広さがありました。その後各種の商業公会(商業組合)により、園内に全部で21の公所(組合事務所)が設けられた。一時、1842年の阿片戦争以来、小刀会蜂起、太平天国の乱等の戦禍を被るものの、豫園一帯は従来からあった城隍廟の門前市と一体化して商業街として発展していきました。1956年に西園の約半分が庭園として改修・整備され現在の豫園となり、その他の部分が豫園商城となり今に至ります。
楽学堂の中国交流コースなら、中国のさまざまな文化に触れることで、中国語がより習得しやすくなります。
たとえば・・どうして?中国あるある!!どうして?中国人のほとんどは結婚しても夫婦別性??など・・
知って得する中国文化や中国の歌やドラマやニュースも一緒に学ぶことができます。
ぜひ新宿の教室で本格的に中国語の学習をしてみませんか??

上海最新事情!

2014年4月 7日(月曜日)
上海最新事情!
2014-03-28 18.40.10.jpg
先日、上海に訪問しました!
上海は、外国人がとても多く、ますます活気にあふれています!!
上海の観光エリアといえば外灘と陸家嘴がおすすめです!!
黄浦江を挟んで向かい合うこの二つのエリアは、きらきらの観光トンネルが結びます!!
市内でも屈指の高級感あふれるエリアです。最新のオフィスビルやブランドモールなどが並び、行くだけでセレブな気分になれる場所ですよ!
訪問したときは上海も桜が咲いていました!!
 
また、スポーツも盛んで、現地ビジネスマンとフットサル交流をしてきましたよ!
楽学堂中国語教室では、中国語の学習を、わざわざ教室へ来なくても、いつでもどこでも受講することができる、楽学堂のオンラインが大変好評です! 
中国語は、1レッスン60分2000円~と授業料も大変お得になっています!!
上海の先生もいるので、上海の最新情報もいち早くキャッチできますよ!!

中国事情をご案内致します。

2013年12月27日(金曜日)

中国の「今」をわかりやすくお伝えしていきます。

  • <<
  • 前の5件
  • 1
  • 次の5件
  • >>